アンチエイジング療法


高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンCは本来がんの治療薬として開発されたもので、近年では美容医療分野で応用され注目されています。高濃度ビタミンCの効果は多様ですが、当医院では下記の効果を主目的として歯科治療に取り入れております。

 免疫力向上による術後感染予防
【インプラント、歯周治療】

 抗炎症作用による術後の腫れ、痛みの軽減
【インプラント、難抜歯】

 抗酸化作用によるアンチエイジング
定期的歯周治療】

 コラーゲン生成促進による口腔粘膜の改善
【初期の歯周治療】

この他に定期的な高濃度ビタミンCの摂取により様々な効用が期待されます。

美容効果として…

・メラニン生成抑制による美白効果
・コラーゲン生成促進による美肌効果
・カルニチン生成促進による痩身効果

健康維持効果として…

・ 疲労回復
・花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそく等のアレルギーの抑制
・肝機能の改善
・骨粗しょう症の予防
・血糖値の改善
・鉄欠乏性貧血の改善
・心筋梗塞、脳梗塞の予防
・鉄合失調症、うつ状態の改善
・ガン予防
・認知症の予防

高濃度ビタミンC点滴に副作用はありませんが、初回に限り【G6PD酵素】検査が必須となります。

プラセンタ療法

ブラセンタとは【胎盤】のことで、アミノ酸、ビタミン、コラーゲン、様々な成長発育因子等を豊富に含んでおり、これを摂取することにより細胞レベルでの活性化によるアンチエイジング効果が期待されるものです。一般的には美白、美肌効果という美容効果が注目されているようですが、本来は肝炎や更年期障害の治療薬として用いられており、日本では50年以上の実績を持つ治療法です。

プラセンタが有効とされる疾患としては、

 アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症・・・)

 生活習慣病(高血圧、糖尿病、肝機能障害・・・)

 婦人科疾患(リウマチ、更年期障害、貧血・・・)

 歯科疾患(歯肉炎、歯周病・・・)

 慢性疲労、自律神経失調症

等が挙げられます。

当医院ではインプラントや埋伏、難抜歯等の症例において、術前~術後の投与を行うことで創傷治癒促進および疼痛緩和を目的としています。また、定期的な投与を定期検診時のメンテナンスと併用する事によって、良好な口腔内環境の維持が期待されます。

プラセンタ療法はホルモン療法と誤解されることが多いようですが、プラセンタはホルモンではありませんので副作用はありません。

一般的には筋肉注射(もしくは皮下注射)として投与されることが多いようですが、当医院では外科処置時に口腔内麻酔と併用した注入、ヒアルロン酸との混和注入以外に静脈点滴による投与法を主に行っております。

静脈点滴法を採用することで、プラセンタ点滴と高濃度ビタミンC点滴との併用も容易であり、その他のビタミンおよび有効なミネラル成分を同時に摂取することが可能となり相乗効果が期待できます。

料金表

血液検査費(点滴療法時には必須)

 肝機能、腎機能、糖代謝、脂質代謝、その他 ※年1回
¥10,000
 G6PD検査 ※初回のみ
¥7,000


(A)高濃度ビタミンC点滴(ビタミンC)

(A-1) ビタミンC 12.5g
¥7,000
¥3,500
(A-2) ビタミンC 25.0g
¥10,000
¥5,000


(B)高濃度ビタミンC+プラセンタ点滴(ビタミンC+プラセンタ)

(B-1) ビタミンC 12.5g + プラセンタ 1A + マグネシウム 1ml
¥10,000
¥5,000
(B-2) ビタミンC 25.0g + プラセンタ 2A + マグネシウム 2ml
¥15,000
¥7,500


(C)プラセンタ点滴(プラセンタ+ビタミンB.C+カルニチン)

(C-1) プラセンタ 1A + ビタミンB.C 1A + カルニチン 1A
¥6,000
¥3,000
(C-2) プラセンタ 2A + ビタミンB.C 1A + カルニチン 1A
¥7,000
¥3,500


※上段の価格は初回のみ、以後3週間以内の追加は赤文字の価格です。(最終投与から3週以上経過した場合には初回価格からとなります。)

※当医院にてインプラント治療をお受けになった方は常に赤文字の価格です。
▲ページTOP

(c) 田中歯科医院 All rights reserved.